命令・・・

命令

「本気でいってるの?」
「ああ、お前みたいにやらせてくれないならな。そっちのほうがいいよ。」
「ひどい・・」
「じゃあ、やらせろよ」
「だから、どうしてそういう命令口調でいうの?普通にしようよとかいえないの?」
彼が、いつも何にたいしてもわたしに命令口調なのです。
それはセフレとセックスするときも同じなんです。
「やらせろよ」
「しゃぶれよ」
「足開けよ」
・・・って、こんな感じなのです。
これでは、気持ちがあがってきません。
命令されるぶん、気持ちが下がってしまいます。

そして、そのことを彼にいうと怒り出してしまいます。
だから私は「やらせろよ」という彼に対してセックスを拒否
してきました。
すると彼は「ヤリマンのセフレとつきあいてえよ」と言うのです。
その言葉は、本気のようにも見えましたが・・・・
彼は本気でいってると、私の目をみていいました。
「いつでも、俺がやりたいときにオマンコ開いてくれるような女、どこかにいないかなあ!」
私にあてつけのようにいいました。

そして、私のことを散々傷つけたのに、さらにそうして追い討ちを掛けてくるのです。
もういいです。「どうぞ、好きなように。どこでもかまわずオマンコを見せてあるくような女を自分の女にしなさいよ。そのセフレのオマンコ私が見てあげるから」と彼にいい放ち、別れました。

妄想

妄想

昔からセフレと交際をするのがあまり得意ではありません。
関係が深くなるのつれて緊張感が高まってきてしまい本当の自分がだせず・・
そして関係がギクシャクしてしまい結局ふられてしまうのです。
むかしからそうでした。
だから付き合いも長続きはしません・・・
寂しいんです。ほんとうは・・

それから私は、妄想のなかでオナニーをすることが日課になりました。
好きなセフレの前では緊張してしまっても自分でする分には緊張もないし、また相手をきにしないで気持ちよくなれるのです。
一人暮らしのよさって、オナニーが思い切りできるところでしょうか。
実家にいたら、兄弟もいるしこんなにオナニーでストレスは発散できないとおもうのです。

頭の中に架空のセフレを思い浮かべて指を陰部にあててるだけで気持ちよくなれます。中に入れお尻を少し浮かして奥まで何度も出し入れして・・
声もだして完全に妄想の世界に入ります。
床に寝転がって悶えているんです。

ぐちょぐちょと、ものすごい音をたてながら・・
「もっと奥まで・・・」
「激しく突いてっ」
「あぁ、もうイクッ」
こういう言葉も、相手がいなくても勝手に口にだしてしまいます。
於なったあとは、気だるさだけが残りますがそれでも気持ちも体もすっきりします。

本当は

本当

「ねえ、この前彼の車の中でしちゃったんだけどね。
意外とあそこの河川敷って、そういう車ばっかでさ、まったく回りをきにしないでセックスできちゃったんだよね。」
「嘘?でも、不倫しているひとが使うっていうのは聞いたことがあるんだけど。」
・・・こんな話、私も中に入って一緒に話しに混ざりたいんですが、でも、真面目なセフレと思われていて、そういう話には興味がないように、思われているのです。

だから自然にそういう話をしてくる人もいなければ私をそういう目で見る人もいません。
いたって清純そうな印象を勝手に思われているのです。
だから、その印象が邪魔になってしまい話に入っていけないのです。
ほんとうは、エロイセフレなんです。おなにーだって自分で腰をふるくらい、激しく腰をふっているような女なんです。
オマンコを濡らしてはシーツをぐっしょりするくらい・・・

オマンコに指が何本入っているんでしょう。感じすぎて無理矢理入れているんです。
何度もイっては、少し休んでまたオナニー。
気持ちいいから飽きることがないんです。
ヒマがあればオナニーをしています。
セフレもいないので、しかたがないことですが・・・
たまには本物の、おチンチンをオマンコの奥までいれたい!
本気でそう思うのです。

変態!!

変態

昔からセフレと交際をするのがあまり得意ではありません。
関係が深くなるのつれて緊張感が高まってきてしまい本当の自分がだせず・・
そして関係がギクシャクしてしまい結局ふられてしまうのです。
むかしからそうでした。
だから付き合いも長続きはしません・・・
寂しいんです。ほんとうは・・

それから私は、妄想のなかでオナニーをすることが日課になりました。
好きなセフレの前では緊張してしまっても自分でする分には緊張もないし、また相手をきにしないで気持ちよくなれるのです。
一人暮らしのよさって、オナニーが思い切りできるところでしょうか。
実家にいたら、兄弟もいるしこんなにオナニーでストレスは発散できないとおもうのです。

頭の中に架空のセフレを思い浮かべて指を陰部にあててるだけで気持ちよくなれます。中に入れお尻を少し浮かして奥まで何度も出し入れして・・
声もだして完全に妄想の世界に入ります。
床に寝転がって悶えているんです。

ぐちょぐちょと、ものすごい音をたてながら・・
「もっと奥まで・・・」
「激しく突いてっ」
「あぁ、もうイクッ」
こういう言葉も、相手がいなくても勝手に口にだしてしまいます。
於なったあとは、気だるさだけが残りますがそれでも気持ちも体もすっきりします。

ダイエット

ダイエット

「そんなんで、本当にやせられるのかね・・」
「私は痩せる自信がある!絶対痩せるって。」
「でも、自分ですべて動かないといけないんだよ?
そんなセックス嫌だな。」
「でも、気持ちよくなってさらにスタイルもよくなるじゃん。
「言葉でいうのは簡単だけどさ、結構疲れるかもしれないよ。」
友人は、セックスで私が痩せると断言したら、無理だといいました。
そこで行動あるのみです。
しかし大問題が・・・・

実はセフレがいないんです私。
だからセックスする相手がいないので、まずはそこから問題を解決していかないといけません。
そこではじめての出会い系に・・・
するとびっくりするほどに返事が来たんです。
これはいけると確信しました。
初めにあったセフレとホテルにいきました。
「全部私がしてあげる。」
「・・・気持ち言い?」
「もっと激しくしてもいいよ、すごく気持ちいい。

相手にそういわれて、がんばって腰を動かして陰部をこすり
つけました。
こうして私は何人かのセフレとセックスばかりしていました。
多いときには週に3,4回していました。

オマンコも気持ちよければ、順調に体重も減っていったんです。
そして、不思議なことに意識はしていませんでしたが
かなりオマンコの締まりもよくなっていきました。

Copyright© 2010 安全なセフレ募集掲示板紹介「holy-martyr」 All Rights Reserved.